サロンやクリニックでの脱毛にも、いろいろな方法での脱毛があります。

クリニックではレーザー脱毛が主流でしょうし、サロンでは光脱毛・電気針を使ったニードル脱毛・ワックス脱毛などが挙げられます。
それぞれ、メリット・デメリットがあるので、自分に合った種類の脱毛法で脱毛したいですね。

レーザー脱毛

医療機関でしか受けることのできない脱毛法です。
照射口が小さく、強力なレーザーでの脱毛です。光脱毛と見た目は似ているのですが、光脱毛に比べて施術時の痛みが大きく、中には我慢ができない人もいます。笑気ガスという麻酔の一種を使って、脱毛施術をするクリニックもあります。
通う回数はサロンより少なく、料金はサロンより高めです。
医療機関なので、何かあったときの処置は迅速です。施術後の肌に塗る塗り薬の処方などもあります。

光脱毛

ほとんどのサロンでの脱毛がこの「光脱毛」です。
サロンによっては、脱毛マシンの種類が違いますので、機能も少しづつ違います。
痛みは、他の脱毛法に比べると、一番少ない方法です。熱く感じたり、ゴムを軽く弾いたりしたような痛みがあるのですが、肌への刺激を緩和するケアを施術の前後には行ってもらえます。

ニードル脱毛

電気針を使った脱毛で、ひとつひとつの毛穴に電気針を刺し、電気を流して、毛根を破壊するというものです。
かなりの時間を費やしますし、痛みも大きいのですが、施術した部位の毛穴に対しては、永久脱毛ができます。

ワックス脱毛

ワックスを脱毛部位に塗りムダ毛に絡ませます、その上からシートをかぶせ、シートごとベリッと剥がすというものです。この剥がすときが痛いです。
一度の施術でムダ毛がキレイになくなり、角質が剥がれることで肌がワントーン明るくなります。肌もすべすべになり、爽快感が得られます。
持ちは2~3週間くらいです。次に生えてくる毛は、抜いているためにチクチクしません。今までの毛より細い毛が生えてきます。